英語の勉強を楽しんでくださいね(*´▽`*)

大学に行く必要はない?【結論は卒業資格は必要】

  • 2020年1月3日
  • 2020年2月18日
  • Life

 

最近、周りで「大学なんて行く必要がない」「大学なんて時間とお金の無駄」と言う人が多いです。本当のところどうなの?大学に行く価値は本当にゼロなの?

 

今回はこういった方へ書いていきます。

 

ちなみにこの記事を書いている僕の最終学歴は大学院ですが、高校を卒業してからすぐに大学へ行ったわけではなく、高卒の期間が5年あり両方の学歴「高卒」「大卒以上」の期間を経験していているので記事の信頼性は高いです。

1 大学に行く必要はない?【結論は卒業資格は必要】

 

結論から言うとタイトル通り「卒業資格は必要」です。

 

理由は「大学にもよりますが就職に有利」「海外にビザ申請をするときには大学卒業資格が重要」「人生の選択肢が広がる」という点があります。

 

就職をするときには基本的には履歴書を書いたり面接の練習をしますが、そもそも会社によっては応募資格として「大学卒業資格をお持ちの方」と書かれているのも珍しくなく、会社が求める最低ラインの学歴が必要となります。

 

海外でビザを申請する際にもポイント制となっている国が多く、大学卒業資格がないと「ホワイトカラーの仕事ができる人」「ブルーカラーの仕事だけの人」とスパッと切られてしまい、仮に頭がよくても対象者にもなれませんし、大学を出ただけで人生のチョイスが広がるのは明らかです。

 

なので「大学の卒業資格は必要」ということです。

 

自分を取り巻く環境のメリット

 

行く大学にもよりますが、自分を取り巻く環境が劇的に変わります。

 

名門大学ならなおさらですが周りから一目置かれる存在になったり、大学に入学した後は頭のいい友達から刺激や知識を得られたりメリットがたくさんあります。

 

「類は友を呼ぶ」ということわざもありますが、頭の悪い人たちに囲まれて生活していると考え方が変わってきたり、「頭なんてよくなくてもいい」「授業をさぼるのはかっこいい」などと言う思考にもなってしまいます。

 

実は僕も昔は周りに影響を受け「勉強なんてできても意味ない」「馬鹿でもいいからまずは人として」なんて考えをもっている時期もありましたが、社会に出てからも勉強は必要ですし、頭は悪いよりいいほうがいい、と気づいたのはだいぶ後です。

 

なので自分をよりよい環境に身を置くという意味でも大学は行ったほうがいいです。

 

馬鹿にされずらくなるメリット

 

大卒以上になると馬鹿にされることはなくなる or 少なくなります。

 

「高卒だと馬鹿っぽい」という幻想が世の中にはありますし、相手の学歴を見下したい!と思う人達はある一定数存在し、彼らは自分の学歴を自慢したり、誇りに思いたいからです。

 

中学校や高校でよくいたのを覚えているかもしれませんが、自分よりも少し体の細い弱そうなやつを見つけて「腕相撲しようぜ!」って言ってくる人。そして腕相撲に勝つと「お前よえー」の一言でやたらえばってくる奴です。

 

そしてこの学歴を聞いてくる人というのは大抵「この腕相撲の延長戦」がしたい人です。なんの意味もないんですがね。

 

僕も高校を卒業してから、大学に入学したのは23歳の時なので、その18歳からの5年間はよく馬鹿にされました。

 

最近でもたまに「学歴」を聞かれますが、「ニュージーランドで院卒です」というと相手は黙り込みます。

 

僕からしたら大学を出たとかはどうでもいいのですが、確かに大卒以上になってからは学歴を馬鹿にされるようなことはなくなりました。

 

なので馬鹿にされずらくなるというメリットはあります。

 

説得力が増すアドバンテージ

 

「大学は行かなくてもいい」というのは「大学に行ったことのある人」がいうから説得力があります。

 

堀江貴文さんが「大学には行かなくてもいい」とよく言っていますが、それは彼が東大(中退)に行ったから聞いている人が「なるほど!」となるわけで、違う人が言っても「そうなの?」となってしまいます。

 

例えば、大学にそもそも行っていない人や、社会的貢献ができていない人、高卒の人、無職の人が言っても説得力にまず欠けますよね?

 

周りから見れば「この人は大学に行くほどの頭がなかったのか?」「嫉妬や妬み?」などと思われるのがオチです。

 

そして物事を説明したり、相手を納得させるような論理的説明能力も社会で生きていく際には必要ですが、バッサリと「大学を出たのか?出てないのか?」で相手に対する印象が変わってくる人もいます。

 

そんな時にも「大学を出ている」というのは一種の武器になります。

 

2 なぜ大学なんて行かなくてもいい!という人がいるのか?

 

 

理由は「大学で学べることは大学じゃなくても学べる」からです。

 

大学の勉強自体は教科書に沿って勉強する、ということがメインなので大学でなくてもその科目は学べますし、参考書なんかであればアマゾンで検索すればなんでも出てきます。

 

「わからない時」というのは勉強していたら誰でも直面しますが、今の世の中ググると大体でてきますし、YouTubeでも講義をしている人が日本人だけでなく外国人でもいるので、質問をしてみることもできます。

 

大学でしかやれそうにないサークルなんかは社会人が集まってスポーツを楽しんだり、同年代の方と遊んだり時間を過ごすことも大学以外でも十分可能です。

 

「大学でしか学べないこと」というのはないかもしれません。

 

世の中が不安定

 

最近では大手の会社でも「副業解禁」「終身雇用は難しい」となって大企業でも不透明な未来があります。

 

もちろんこれはAIなどのテクノロジーによって人が要らなくなるという時代が迫っていて、時代の変化が著しく早いからです。

 

「大学に行くくらいなら企業しろ」「大学に行っても将来は保証されない」とたくさんの人が考え始め、大学に行って4年費やすのであれば、何か他のことにチャレンジしたほうがいいのでは?という人も増えています。

 

そして今では「ブログで稼いでいます」「YouTubeで月100万円」というような情報発信によって有名企業に就職してこき使われるよりも、個人で稼ぐ方が事実多くなってきて、これらに大学の卒業資格なんていりません。

 

会社に頼るのではなく「自分で何かを行動したほうがいい」ととらえる人も多くなり、大学なんて行かなくていいと思う人が多くなるということはわかると思います。

 

世の中が不安定という理由で「大学なんて行かなくていい」という人もいます。

 

時間とお金の無駄

 

大学4年間という時間とお金という視点で見るととんでもない量になります。

 

親が子供を大学に行かせようとすると一千万円ほどはかかると言われ、入学金、施設設備費、学費、生活費が主にあり、一般の家庭であれば親に貯蓄がある、もしくは奨学金を利用しないと無理です。

 

時間に関しても毎日学校に行くわけではなく、アルバイトをしたり周りの友達と過ごす時間ももちろん大事なことですが「そんなことは生きていて何の役にも立たない」「遊ぶ時間があるなら他のことをしたほうがメリットがある」という方もいます。

 

確かにそれだけのお金がかかり親に経済的な負担をかけ、時間をただ遊んで過ごす、ということになってしまうのであれば、「時間とお金の無駄」ととらえる人がいるのも納得がいきます。

 

いい大学出ても意味ないの?

 

「いい大学出ても大企業に就職できるとは限らない」「将来が保証されているわけではない」「日本社会は不安定だから意味ない」という方もいます。

 

確かに毎年名門大学から卒業される方の全てが、有名企業や官僚などの職に就くわけではありません。

 

ですが、そんなのは一部で全員ではありません。大抵の人は「難関大学」を卒業して就職という面で恩恵を受けることができています。

 

そんなほんの一部の人間を取り上げてあたかもそれが8~9割占めているような言い方をする人もいますが、そういう方「ほんの一角」を重要視しすぎなのかな?と思います。

 

大抵の人は就職します。なので良い大学は出たほうがいいです。

 

3 僕個人の大学に対する意見

 

 

オンラインで海外大学卒業資格を取得

 

何も大学は通っていくものだけではなく、今ではオンラインで海外の名門大学を卒業することができます。

 

値段も日本のように一年間で数百万かかるものではなく、値段でいうと40万円ほどで安く動画で授業を受け自分の好きな時間に勉強できますし、わざわざ通う必要もないのでおすすめです。

 

もちろんこれには自分の時間をマネージメントする能力というのが長期にわたって必要になりますが、「何を学び、今後の人生にどう生かしたいのか?」というのをしっかりもっていれば、全く問題はないと思います。

 

もし仮に辞めてしまったとしても、自己嫌悪に陥る必要はなく日本でも海外でも中退する方はいます。

 

僕がニュージーランド留学をしているときには入学時の半分くらいの生徒しか卒業していませんし、途中で海外に行ったり、両親のビジネスを手伝ったりする人も多く、やりたいことが新たに見つかれば問題ないです。

 

あのスティーブジョブズやマークザッカーバーグも途中で辞めているので、自分がいきたい方向が変わったら辞めてもOKです。

 

まずはサラッと見てみることをおすすめします。

 

>>Stanford Online

 

無料ドイツ留学

 

他にも海外の大学には行ってみたいけど「お金がない」という方は「ドイツ留学」をお勧めします。

 

あまり知られていないかもですが、ドイツは学校の費用が無料です。なので学費は問題ないです。(ビザ申請や飛行機のチケット代はもちろん自腹)

 

僕はドイツには修学旅行やバックパッカーでも何回か行っていますが、安全で綺麗な国です。

 

それにドイツ語を学び職を見つけ、5年程働くと永住権を申請できるようになるので日本だけにとどまらずに、あちらで海外生活をすることも将来的には十分可能です。

 

ドイツ留学、無料とググるとたくさん情報は出てきますがいかに一応無料エージェントのリンクを貼っておきます。まずは資料請求からしてみましょう。

 

School With

 

ニュージーランド留学

 

お金はかかりますが、英語圏の中で生活費も比較的安く、安全な国となるとニュージーランド留学がオススメです。

 

僕自身も留学を経験し滞在歴は8年程です。日本を除くとニュージーランドが母国です。興味のある方は別記事でも紹介しています。

留学&ワーホリは不安がいっぱい?出発前に英語が話せない?【心配なしです】

 

まとめ

 

 

さて今回は、最近、周りで「大学なんて行く必要がない」「大学なんて時間とお金の無駄」と言う人が多いです。本当のところどうなの?大学に行く価値は本当にゼロなの?という方へ説明してきました。

 

大学に行く必要はない!と切り捨てる方が多くなっていますが、卒業資格は必要で、あると自分の選択肢が広がります。

 

今大学に行く行かないか迷っている方の手助けになれれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!
>When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

日本だけにとどまらずに世界への一歩を応援できるサイトを目指しております。
このブログを読んでいただきそっと後押しできたら光栄です。

CTR IMG