英語の勉強を楽しんでくださいね(*´▽`*)
Julian Treasure

【TED】ジュリアン・トレジャー【人を惹きつける話し方】から学ぼう

 

Julian Treasure

英語の勉強に最適なTEDトークです。

 

今回は、ジュリアントレジャーさんから相手を引き付ける話し方を学んでいきます。彼の話し方からも思わず聞き入ってしまうことがわかります。

 

1 Julian Treasure How to Speak so That People Want to Listen”

studets

まずは英語の長文からです。日本語から見たい方は2から、動画は3にあります。

 

The human voice: It’s the instrument we all play. It’s the most powerful sound in the world, probably. It’s the only one that can start a war or say “I love you.” And yet many people have the experience that when they speak, people don’t listen to them. And why is that? How can we speak powerfully to make change in the world?

 

What I’d like to suggest, there are a number of habits that we need to move away from. I’ve assembled for your pleasure here seven deadly sins of speaking. I’m not pretending this is an exhaustive list, but these seven, I think, are pretty large habits that we can all fall into.

 

First, gossip. Speaking ill of somebody who’s not present. Not a nice habit, and we know perfectly well the person gossiping, five minutes later, will be gossiping about us.

 

Second, judging. We know people who are like this in conversation, and it’s very hard to listen to somebody if you know that you’re being judged and found wanting at the same time.

 

Third, negativity. You can fall into this. My mother, in the last years of her life, became very negative, and it’s hard to listen. I remember one day, I said to her, “It’s October 1 today,” and she said, “I know, isn’t it dreadful?”

 

It’s hard to listen when somebody’s that negative.

 

And another form of negativity, complaining. Well, this is the national art of the U.K. It’s our national sport. We complain about the weather, sport, about politics, about everything, but actually, complaining is viral misery. It’s not spreading sunshine and lightness in the world.

 

Excuses.

 

We’ve all met this guy. Maybe we’ve all been this guy. Some people have a blamethrower. They just pass it on to everybody else and don’t take responsibility for their actions, and again, hard to listen to somebody who is being like that.

 

Penultimate, the sixth of the seven, embroidery, exaggeration. It demeans our language, actually, sometimes. For example, if I see something that really is awesome, what do I call it?

 

And then, of course, this exaggeration becomes lying, and we don’t want to listen to people we know are lying to us.

 

And finally, dogmatism. The confusion of facts with opinions. When those two things get conflated, you’re listening into the wind. You know, somebody is bombarding you with their opinions as if they were true. It’s difficult to listen to that.

 

So here they are, seven deadly sins of speaking. These are things I think we need to avoid. But is there a positive way to think about this? Yes, there is. I’d like to suggest that there are four really powerful cornerstones, foundations, that we can stand on if we want our speech to be powerful and to make change in the world. Fortunately, these things spell a word. The word is “hail,” and it has a great definition as well. I’m not talking about the stuff that falls from the sky and hits you on the head. I’m talking about this definition, to greet or acclaim enthusiastically, which is how I think our words will be received if we stand on these four things.

 

So what do they stand for? See if you can guess. The H, honesty, of course, being true in what you say, being straight and clear. The A is authenticity, just being yourself. A friend of mine described it as standing in your own truth, which I think is a lovely way to put it. The I is integrity, being your word, actually doing what you say, and being somebody people can trust. And the L is love. I don’t mean romantic love, but I do mean wishing people well, for two reasons. First of all, I think absolute honesty may not be what we want. I mean, my goodness, you look ugly this morning. Perhaps that’s not necessary. Tempered with love, of course, honesty is a great thing. But also, if you’re really wishing somebody well, it’s very hard to judge them at the same time. I’m not even sure you can do those two things simultaneously. So hail.

 

Also, now that’s what you say, and it’s like the old song, it is what you say, it’s also the way that you say it. You have an amazing toolbox. This instrument is incredible, and yet this is a toolbox that very few people have ever opened. I’d like to have a little rummage in there with you now and just pull a few tools out that you might like to take away and play with, which will increase the power of your speaking.

 

Register, for example. Now, falsetto register may not be very useful most of the time, but there’s a register in between. I’m not going to get very technical about this for any of you who are voice coaches. You can locate your voice, however. So if I talk up here in my nose, you can hear the difference. If I go down here in my throat, which is where most of us speak from most of the time. But if you want weight, you need to go down here to the chest. You hear the difference? We vote for politicians with lower voices, it’s true, because we associate depth with power and with authority. That’s register.

 

Then we have timbre. It’s the way your voice feels. Again, the research shows that we prefer voices which are rich, smooth, warm, like hot chocolate. Well if that’s not you, that’s not the end of the world, because you can train. Go and get a voice coach. And there are amazing things you can do with breathing, with posture, and with exercises to improve the timbre of your voice.

 

Then prosody. I love prosody. This is the sing-song, the meta-language that we use in order to impart meaning. It’s root one for meaning in conversation. People who speak all on one note are really quite hard to listen to if they don’t have any prosody at all. That’s where the word “monotonic” comes from, or monotonous, monotone. Also, we have repetitive prosody now coming in, where every sentence ends as if it were a question when it’s actually not a question, it’s a statement?

 

And if you repeat that one, it’s actually restricting your ability to communicate through prosody, which I think is a shame, so let’s try and break that habit.

 

Pace.

 

I can get very excited by saying something really quickly, or I can slow right down to emphasize, and at the end of that, of course, is our old friend silence. There’s nothing wrong with a bit of silence in a talk, is there? We don’t have to fill it with ums and ahs. It can be very powerful.

 

Of course, pitch often goes along with pace to indicate arousal, but you can do it just with pitch. Where did you leave my keys? (Higher pitch) Where did you leave my keys? So, slightly different meaning in those two deliveries.

 

And finally, volume. (Loud) I can get really excited by using volume. Sorry about that, if I startled anybody. Or, I can have you really pay attention by getting very quiet. Some people broadcast the whole time. Try not to do that. That’s called sodcasting,

 

Imposing your sound on people around you carelessly and inconsiderately. Not nice.

 

Of course, where this all comes into play most of all is when you’ve got something really important to do. It might be standing on a stage like this and giving a talk to people. It might be proposing marriage, asking for a raise, a wedding speech. Whatever it is, if it’s really important, you owe it to yourself to look at this toolbox and the engine that it’s going to work on, and no engine works well without being warmed up. Warm up your voice.

 

Actually, let me show you how to do that. Would you all like to stand up for a moment? I’m going to show you the six vocal warm-up exercises that I do before every talk I ever do. Any time you’re going to talk to anybody important, do these. First, arms up, deep breath in, and sigh out, ahhhhh, like that. One more time. Ahhhh, very good. Now we’re going to warm up our lips, and we’re going to go Ba, Ba, Ba, Ba, Ba, Ba, Ba, Ba. Very good. And now, brrrrrrrrrr, just like when you were a kid. Brrrr. Now your lips should be coming alive. We’re going to do the tongue next with exaggerated la, la, la, la, la, la, la, la, la. Beautiful. You’re getting really good at this. And then, roll an R. Rrrrrrr. That’s like champagne for the tongue. Finally, and if I can only do one, the pros call this the siren. It’s really good. It starts with “we” and goes to “aw.” The “we” is high, the “aw” is low. So you go, weeeaawww, weeeaawww.

 

Fantastic. Give yourselves a round of applause. Take a seat, thank you.

 

Next time you speak, do those in advance.

 

Now let me just put this in context to close. This is a serious point here. This is where we are now, right? We speak not very well to people who simply aren’t listening in an environment that’s all about noise and bad acoustics. I have talked about that on this stage in different phases. What would the world be like if we were speaking powerfully to people who were listening consciously in environments which were actually fit for purpose? Or to make that a bit larger, what would the world be like if we were creating sound consciously and consuming sound consciously and designing all our environments consciously for sound? That would be a world that does sound beautiful, and one where understanding would be the norm, and that is an idea worth spreading.

 

Thank you.

 

2 ジュリアン・トレジャー『人を惹きつける話し方』日本語

 

 

日本語訳になります。内容を理解してから英語を読むと意外にスラスラ読めることに気づけます。

人間の声は― 誰もが奏でるものですが世界で最も力強い音だと言えます。人間の声だけでしょう、戦争を始め愛を伝えられるのは。でも話しているのに 誰も聞いていないという経験をされた方も多いでしょう。なぜでしょうか? どうすれば力強く話し世界を変えられるのでしょうか?

 

私がご提案したいのは悪しき習慣を止めることです。皆さんのためにここに「話者の七つの大罪」を用意しました。網羅的なものだと言うつもりはありませんが、この7つはかなり影響が大きい― 私たちが陥りがちな悪習慣です。

 

1つ目はうわさ話その場にいない人の悪口を言うことです。良い習慣ではないですね。ご承知のとおり悪口を聞いて5分後にはその悪口を言っていた人は 私たちのことを噂しています。

 

2つ目は批評です。思い当たる人いますよね。聞く気になりませんよね。自分が批評の対象となりダメ出しをされているんですから。

 

3つ目はネガティブさ― 後ろ向きになることもありますよね。私の母は晩年本当にネガティブで聞いていられませんでした。ある日私が母に「今日は10月1日だね」と言うと、ある日私が母に「今日は10月1日だね」と言うと母はこう答えたんです。「そうねほんと嫌ね」こんなに後ろ向きだと聞くに耐えません。

 

ネガティブといえば 不平もそうでしょう。イギリスのお国芸ですが国技でもありますね天気や― スポーツ政治など何にでも不平をこぼします。でも不平なんて不幸をまき散らすだけで世界に温かさや光をもたらしてはくれません。

 

そして言い訳がましい人いますよね。身に覚えもあるでしょうが責任転嫁ばかりする人もいます。他人に責任をなすりつけ自らの行動に責任をとらないのです。そんな人の話はやはり聞いていられません。

 

最後から二つ目 六番目の大罪は 脚色 誇張です 時に 言葉の格を落とします 「すごい」を連発していたらいざ何か本当に「すごい」ものを見てもそれを表現する言葉がないでしょう? 当然この誇張は嘘にもつながります。嘘ばかりではやがて― 誰も耳を貸さなくなります。

 

最後は独善的になり事実と意見を混同することです。この二つをごっちゃにしてしまうと何も耳に入ってきません。誰かに自分の意見を、さも事実かのようにぶつけられても聞けたものではないでしょう。

 

以上が「話者の七つの大罪」で 私たちが避けるべきことです。でも前向きに取り組むこともできるでしょうか?ええできます。私たちの話に力を与え世界を変えるために私たちが立脚すべき― 4つの強力な礎があります。4つの頭文字を取るとある言葉になります。「HAIL」です。意味も素晴らしいんですよ。Hail といっても空から降ってくる― 「あられ」のことではなく 「熱烈に歓迎し称賛する」 という意味です。「熱烈に歓迎し称賛する」 という意味です。この4つを拠り所にして言葉を届けるとそんな反応が返ってくるはずです。

 

では「HAIL」は何を指しているか皆さんは分かりますか? 「H」は honesty(正直さ)です 真実を話し 率直に明快であることです 「A」は authenticity(素直さ) ありのまま であることです。ある友人はこう表現しました。自らの真実に立脚することであるとすてきな表現ですね 「I」は integrity(誠実さ)自らの言葉のまま 有言実行し信頼される人物になるのです。そして「L」は love(愛)です。ロマンチックな愛ではなく皆の幸せを願う愛です。これには二つの理由があります。一つは絶対的な正直さが全てではないからです。「わぁ今朝はひどい顔だね」とかそんな言葉いらないでしょう。愛で和らげれば正直さは素晴らしいものになります。また本当に誰かの幸せを願えばその人を批評することは難しくなります。この二つを同時に 成し遂げることは できないでしょうね。 「HAIL」です

 

何かを言うということは古い歌にもあるとおり内容とともに伝え方も大事なのです。皆さんには素晴らしい道具箱があります。「のど」というのはすごい楽器で道具箱でもあるのですが使いこなしている人は少数です。ここで道具箱を開けて中にある道具を取り出してみましょう。皆さん持って帰ってお使いになれば話す力を高めることができます。

 

まずは 「声域」です。声はたいてい役に立たないのですがその間の声域もあります。声の専門家もいるでしょうからあまり深入りはしませんが声を出す場所を変えられます。鼻から話してみます。違いますよね。さらにのどで話してみます。ほとんどの方はここから声を出しますね。でももっと重みを加えたいならもっと下― 胸から出します。違いが分かるでしょう? 低い声の政治家に投票するという事実もありますというのも私たちは深さを力や権力と結びつけるからです。それが声域です。

 

つぎに「声色」があります。声の質感です。研究によれば豊かでなめらかで温かみのある声が好まれます。ホット・チョコレートのような声です。あなたの声がそうでなくとも悲観する必要はありませんよ。訓練できます。ボイス・トレーナーを探しましょう。訓練できます。ボイス・トレーナーを探しましょう。息づかいや姿勢練習によってあなたは見違えるように声質を改善できるのです。

 

そして「韻律(プロソディー)」 私のお気に入りです。抑揚や― 言葉に意味をそえるメタ言語でこれこそ会話の醍醐味です。ずっと同じ調子で話されると聞く気が起きませんね。韻律がないからです。それこそ単調で変化に乏しい一本調子の世界です。それからこんな韻律もよく聞きますよね?疑問文のように文末が上がるものです。実際は疑問ではなく意見なのに?これを何度も繰り返していると韻律を使って意思疎通を図ることができなくなってきます。それはとても残念なことですからこの癖はぜひともなくしましょう。

 

そして「ペース」 とても速く話すと すごく興奮している 感じになります 一方 ゆっくり話すと 強調できます 究極的には よくご存知の 沈黙です ちょっと沈黙したからって 何も問題はないでしょう? 「えーと」とか「あー」で 沈黙を埋める必要はありません 沈黙には すごい力があります

 

感情の高ぶりは普通 「音高(ピッチ)」と テンポで表現しますが 実は音高だけでも可能です 僕のカギをどこに置いた? 僕のカギをどこに置いたんだよ? 音高を変えると 少し違う意味になるでしょう

 

最後に「声量」です 声量によって興奮した感じにできます。驚かせましたかね。あるいはとても静かに話すことで注意を引きつけられます。大音量でずっと話す人もいますがそれは避けましょう。それこそ「大迷惑」というもので何も考えずまわりの人に自分の音を無神経に押しつけているのです。感心しません。

 

こうしたことは何か重要なことを伝えるときに役立ってきます。こんな風にステージで話すときかもしれませんし結婚のプロポーズをするとき賃上げ交渉や結婚式でのスピーチかもしれません。それが何であれここぞというときにはぜひこの道具箱を見てこれから使うエンジンも確認しましょう。エンジンは温めなければ動きません。声もウォーム・アップしましょう。

 

どんな風にするかお見せしましょう。皆さんちょっと立っていただけますか?これから6つの声の準備体操をご紹介します。私がいつも話す前にしていることです。重要な人と話すときはぜひやってください。まずは腕を上げて深く息を吸って吐き出します。~~~こんな風にね。もう一度~~~いいですよ。つぎに唇の準備体操です。こんな風に~~~ いいですよ。それから~~~子どもの頃 やったように~~~これで唇も準備万端です。つぎに舌を動かします。大げさな「L」で~~~素晴らしい皆さん上手ですよ。それから巻き舌の「R」~~~舌のための シャンパンみたいなものです。最後にぜひともするべきこと業界では「サイレン」と言いますがお勧めです 。ウィーで始まり「オゥ」で終わります。「ウィー」は高く「オゥ」は低く行きますよ。

 

素晴らしい皆さんに拍手を。お座りください。ありがとうございます。

 

今度話をする前にはやってくださいね。

 

さて最後にまとめましょう。とても重大なことです。今の私たちはこんな状況です。雑音や騒音が渦巻く環境で聞いてくれない人を相手にあまり上手くない話をしているのです。このことについて私はここで様々な側面からお話ししました。もし私たちが意識的に聴く人を相手に目的にふさわしい環境で 力強く話せたら世界はどんな風に なるでしょう?もっと言えばもし私たちが音を意識的に創り出し意識的に受け止めすべての環境を音を意識してデザインしたら世界はどうなるでしょう?世界には音が美しく響きそこでは相互理解が当たり前になるでしょう。これこそ広める価値のあるアイデアです。

 

ありがとうございました

 

3 ジュリアン・トレジャー『人を惹きつける話し方』動画

 

TEDの動画になります。この動画をみてわかる通り彼の話し方は聞いている人達をひきつけます。

 

まとめ

Julian Treasure

さて今回は、ジュリアントレジャーさんの話し方についてTEDから引用させていただきました。

 

コミュニケーション能力というのは生きていくうえで大事なことですし、英語以外にも学べることはたくさんありますね。

 

英語の勉強になれれば幸いです。

Julian Treasure
最新情報をチェックしよう!
>When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

日本だけにとどまらずに世界への一歩を応援できるサイトを目指しております。
このブログを読んでいただきそっと後押しできたら光栄です。

CTR IMG