英語の勉強を楽しんでくださいね(*´▽`*)
beautiful girl

【短い英語フレーズ100選】日常生活で使えば英語力UP間違いなし

beautiful girl

 

a girl
短い英語フレーズを覚えてみたいな。ぶっちゃけ暗記できたら色々応用可能だし、効率のいい勉強法だと思う。日常生活で使えるフレーズがあったら教えてほしいな。実際に海外で生活したことがある人から聞きたい。

 

今回は、こういった方へ書いていきます。

 

本記事の内容

ちょっとしたあいさつや会話を始めるきっかけに使える短い英語フレーズ

相手のことをもっと知りたいときに便利な短い英語フレーズ

手軽に使える短い英語フレーズ

挨拶や初めて出会った人に使える短い英語フレーズ

受け答えに便利な短い英語フレーズ

ビジネスシーンで使える短い英語フレーズ

会話終了時に使える短い英語フレーズ

 

本記事の信頼性

ちなみにこの記事を書いている僕は、ニュージーランド&オーストラリアでの留学&就職経験がありまして、合計で10年程の海外歴があります。なので日常的に使っていたフレーズは熟知しているので、ネイティブもよく使うフレーズを紹介していきます。

 

知っておいてほしいこと

ここで残念なお知らせがありまして、それは「英単語をいくら暗記しても英語を話せるようにはならない」ということ。

 

理由は、「あなたは英単語の意味を知っていても使い方を知らないから」です。

 

よく英単語をノートに書きまくって暗記している学生を見ますが、「ぶっちゃけ真面目に意味ない」です。単に英単語のテストがあって暗記しなければいけないのであれば、全然OKですが、話せるようになりたいのであれば話は全く別。

 

じゃあそうすればいいのか?

 

答えは「フレーズにして覚えてしまう」ということをするです。英語圏では「コロケーション」とも表現したりして、要は英単語の一つ一つを覚えるのではなく、「一つの塊として覚える」ということですね。

 

フレーズという塊にして覚えることにより、「英単語の意味&英語の使い方」を同時に覚えることができて、一石二鳥です。

 

なのでフレーズを覚えることにより、飛躍的に英語力が伸び、話せるようにもなるということです。

 

さて「善は急げ」です。

 

ということで、英語のフレーズを見ていきましょう。今回は覚えやすいように短いフレーズをまとめてみました。では見てみましょう!

 

覚えておくと便利な英語フレーズを使うシーン別にまとめてみましたよ!

 

ちょっとしたあいさつや会話を始めるきっかけに使える短い英語フレーズ

greeting

 

Hey, Hey man, or Hi(よ!うぃーっす!)

(仲のいい友達に使えます。)

 

How’s it going? or How are you doing?(最近どう?元気?)

(知り合いに使えるフレーズです。会社とかでも使えます。)

 

What’s up?, What’s new?, or What’s going on?(元気?なんか最近あった?最近どうーよ?)

(こちらもカジュアルな挨拶。ヒップホップ系ネイティブがよく使いますね)

 

 

How’s everything ?, How are things?, or How’s life?(最近どう?最近いい感じ?)

(メール文で友達に送るときにも使えます。)

 

How’s your day? or How’s your day going?(今日どんな感じ?いい日送ってる?)

(Dayという単語が入っている通り、午前中には使いません。昼過ぎから使えます。)

 

Good to see you or Nice to see you(会えてよかったよ、よろしくね)

(会えてよかったよと喜びを伝えるフレーズです。別に出会いにうれしくなくても社交辞令としても使います。)

 

Long time no see or It’s been a while(久しぶり、おひさ、)

(しばらく会ってなかった人に使います。初対面では使いません。)

 

How are you getting on?(元気ですか?)

(“how are you?”以外の「元気?」と聞く方法です。)

 

You doing OK? You alright? You doing alright?(大丈夫?)
相手に辛いことがあった時にも使えます。それから挨拶代わりにも使えす?

 

You all good? All good(問題ない?いい感じ?)
ニュージーランド人がよく使います。他の国の人はあまり使いません。

 

OK, here’s the thing …
意味はないです。自分の主張を言う前に使います。

 

Do you mind me asking…?(気に触るかもしれないけど、)
少し個人的な質問をするときに使えるフレーズ。

 

相手のことをもっと知りたいときに便利な短い英語フレーズ

Indian girl

What is your name?(あなたの名前は何ですか?)

さすがにこれは誰でも知っていますね。(*´▽`*)

 

What are you into??(何か興味がある?ハマっているものはなに?)

相手に共通の趣味があるかなどを探るために使えるフレーズ。一緒であれば、共通の話題ができて距離が縮められます。

 

What do you do?(職業は何ですか?)

仕事をしていなくても学生であれば「I am a student.」と答えることが可能です。

 

What do you do in your free time?(暇なとき何しているの?)

時間があるときには何しているの?という便利なフレーズ。

 

Where do you live?(住まいはどこですか?)

まだ特に知らない相手には使わない方が無難なフレーズです。もし知らない男性から女性が聞かれたら不審に思います。多分「around there」その辺。という言葉が返ってきます。

 

What countries have you been to? (訪れたことのある国はどこですか?)

海外から来た人の中には、色々な国へ渡航したことがある人がいます。バックパッカーであれば数十カ国まわっているひとも珍しくないので、面白い旅の話が聞けるかも?

 

手軽に使える短い英語フレーズ

little girl

 

Do your best!(ベストを尽くせ!)
頑張れよ見たいなニュアンスでも使います。

 

Go for it!(がんばれ! どうぞ。やってみよう!)
相手を応援するときや、相手に譲るときにも使えるフレーズです。

 

You are the one.(あなたこそ私が追い求めていた理想の人)
女性に言うとドン引きされるか、おちます。そして中には「なんで?」と聞いてくる天然な子も

 

Believe in yourself.(自分を信じろ)
自分を信じて頑張りましょう。

 

Dreams come true. (夢はかなう)
シンプルですが、前向きになれますね。

 

Let it be.(あるがままに)
無理せず気張らず、自分らしく居ようという意味です。ジョンレノンの曲としても有名です。

 

Have a nice day!(よい一日を!)
いい一日を送ってほしい相手に使います。

 

Let’s have a break. (ちょっと休憩しよう)
授業の合間の休憩時間が始まるときに、先生がよく使います。breakは壊すイメージが強いですが、休憩という優しい意味もあります。

 

Don’t worry. Be happy. (くよくよせずに楽しくやろうぜ)
ボブマリーも歌っていますね。

 

 

I’m happy to see you. (会えてうれしい)
会えてうれしい時に使います。

 

I’m glad to see you.
意味は上記と一緒です。

 

Keep smiling. (笑顔でずっといて)
笑顔いっぱいで過ごしてほしい方に使いましょう。

 

挨拶や初めて出会った人に使える短い英語フレーズ

announce

I’m so pleased to meet you.(お会いできて光栄です。うれしいです。)
新しい人に会えて嬉しいと伝えたい時に使います。イケメンor美人に出会ったら迷わずこのフレーズを使いましょう!

 

I’ve heard so much about you.(あなたのことは伺っていました。あなたのことは知っていました。)
もし紹介された相手が有名もしくは、共通の友人がいる場合は間接的に知っている場合が多いので、このフレーズを使うとOK!

 

Have we met before?(どこかで会ったことありますか?)
初めて出会った人がいて、もしどっかで出会ったことがあると思ったらすかさずこのフレーズを言いましょう。

 

I am indeed! And you must be…(そうです。もしかして◯◯かな?)
もし誰かが自分の名前を呼んでこちらに向かってきた場合、あなた自身その相手の名前を確信していたら使えるフレーズ。「あれ?もしかしてキャシー?」「そうです!あなたはもしかしてジェームスボンドかな?」

 

Please, call me…(◯◯と呼んでください、OOと呼んでね)
新しい人と会話をしている時や、自己紹介をするときに使えるフレーズです。

 

I’d like you to meet someone!(紹介したい人がいます)
誰かに対して、新しく人を紹介するときに使われる定番のフレーズ。両親にボーイフレンドやガールフレンドを紹介するときにも使えます。

 

I’ll leave you two to get to know each other.(二人きりの時間を楽しんで。二人で話し合って。)
二人きりにさせたいとき、二人にして話し合いをさせる時にはこのフレーズを使うとgood!”

 

It’s good to see you again!(また会えてよかった!)
旧友や古い知り合いに再会した時に、「また出会えてよかったよ」とアピールすることができるのがこのフレーズです。

 

It’s good to have you here!(あなたがここにいてよかった!)
パーティーや集まりなどで新しい人に挨拶をするときなどに、「あなたは歓迎されてますよ」という意味のフレーズ。

 

I almost didn’t recognize you!(おぉ!お前って気づかなかった!久しぶりじゃん!)
ずっと会っていなかった友人や知り合いにばったり会う事はあります。そんな時に使えるフレーズです。

 

受け答えに便利な短い英語フレーズ

man

Thanks, I’ve been keeping busy.(ありがと、忙しくやらせてもらってるよ)
特に意味のない「最近どう?元気?」に対する、特に意味のない無難な回答。女性がよく使うイメージがあります。

 

You got me there.(わからない。わかりません)
分からない時に“I don’t know”の代わりに使えます。よりカジュアルな言い方で、使えると素晴らしいです。

 

That would be great!(素晴らしい!いいね!)
何かの提案に対していいね!と後をおすフレーズ。

 

Thanks for asking, I’m fine, how are you?どーも。あなたは?)
「元気ですか?最近どう?」と聞かれた後に、回答と共に質問をし直す典型的な応答例。

 

Can’t complain.(まずまずだね、まあまあだね)
「元気ですか?」に対する答えで、「ありがとう!すんごい元気!!」と答えるほどではないけど、とりあえず適当に返せる返答例。

 

And how about you?(あなたはどう思う?あなたはどうですか?)
挨拶をされたや時や、どうやって返答していいかわからない時に使えるフレーズ。会話で逃げるときにも相手に振ることで、自分を守れます。(^^)

 

Can you say it again, please?(もう一度言ってもらえますか?もう一度お願いします)
相手の言っていることが早すぎて聞き取れなかった時に使います。もしくは英語初心者の方はよくネイティブの方に使われます。

 

Hey, how are you doing? It’s good to see you! (元気?会えて嬉しい!)
しばらく会っていなかった人に対する返答。

 

To the best of my knowledge…(自分の知ってる限りでは)
As far as I know…とほぼほぼ同様の意味です。自分の言う内容に確信がある時に使えるフレーズ。

 

Frankly speaking, …(本音を話すと、単刀直入に言うと、はっきり言うと)
相手にはっきりとモノを言う時に使います。Frankly speaking, you are a xxxx xxxxx!!

 

Well, to be honest with you, …
上記とほぼほぼ同じ意味です。

 

Yeah, no problem.(問題ないよ)
何か頼まれごとをした時に使えるフレーズ。sure, ok, よりもやる気がない感じ。

 

No worries, Don’t worry(心配しないで)
上記とほぼほぼ同様の意味。

 

How do you know?(なんで知ってるの?)
相手が知っているはずのない内容を聞かれた時には、このフレーズを使って聞き返すことができます。嘘をついている相手がよく使います。

 

How did you know?
上記の過去形

 

Never mind, it’s okay!(気にしないで, okだよ)
必要がないのに、相手が親切に手伝ってくれようとした時に断る方法。美女はよく声を掛けられるので、このフレーズが口癖になっています

 

Never mind, forget what I just said. Never mind, forget just what I told you(ごめん、忘れて)
大した事を言った訳ではないのに、相手が聞き返してくる時に使えるフレーズ。もしくは自分の発言で相手の機嫌を損ねた時に、そのトピックを終わらせるためにも便利です。

 

That’s a good one!(それいいね!それいいじゃん!)
相手が言った面白い話や、アイディア、ニュースに対して使う相づち。

 

… you know what I mean?(伝わってるかな?私の言っている意味わかる?)
よく使われるフレーズ。自分の発言を強調したい際に使えるフレーズ。英語の初心者は、このフレーズを使うことで、相手がしっかり理解しているか、確認する必要があります。

 

Are we on the same page?(考えていること一緒?私の話についてきてる?ちょっと私の話聞いてる?)
上記と同じで、相手がしっかり理解しているか確認するフレーズ。それからベラベラ話す女性が、聞いていない男性に対しても使います。

 

You see, the thing is that …(つまり、要は)
何かを説明する時に、トークを始める時に使います。

 

You’ve got to be kidding me!(嘘でしょ?冗談でしょ?)
相手が信じられないことを言ってきた時に、自分の驚きを表現するフレーズ。You know.. I’m actually super handsome !!

 

That’s a really good question.(良い質問ですね。)
質問の内容を、時間をかけて考えたい時に使えるフレーズです。回答に困った時に、ただ黙ることを避けたいとき、水を飲みながらやるともっと時間が稼げます。

 

Well, how to put it in the right words.
上記とほぼほぼ同じの意味です。

 

Really? Tell me more about it!(本当に?詳しく教えて。)
相手が言った内容に対してもっと聞きたい時、興味を示している時に使えるフレーズ。

 

Wow, tell me about it(同感です)
“Tell me about it”は2つの意味があるので、状況に分けて使えると英語力ワンランクUPです。

 

Good for you!(良かったじゃん!やったじゃん!)
話し手の成功談や何か良いニュースを聞いた時に使えます。I broke up with my girlfriend…

 

Can’t argue with that.(そのとおりだね。反論なし。)
相手の主張や意見に同意している場合に使えます。

 

ビジネスシーンで使える短い英語フレーズ

business man

 

Had a few drinks so I’m flying under the radar!(昨日飲んじゃったから目立たないようにしないと)
前の晩飲みすぎていたら、上司に気づかれないように大人しくしていたほうがいいです。仕事に集中できていないのがバレるかも?

 

Can you cover me?(ちょっと代わってもらえる?カバーしてくれる?)
誰かにその分代わりに働いて欲しい場合は、このフレーズでお願いしてください。でも嫌な時には断りましょう。

 

Nose to the grindstone!(ひたむきに働きましょう)
100%集中して一生懸命働く、頑張って働くという意味。通常、会話の終わりに使い、「これから仕事に戻るよ」というニュアンスをだします。

 

Another day!(リセットしよう、切り替えよう)
休み明けにまた仕事が始まった時に使う短いフレーズ。仕事がつまらないというわけではなく、純粋に新しい一日が始まるということを表すフレーズ。

 

All work and no play!(仕事ばかりしているな、最近遊んでない!)
これも英熟語の一つで、遊びに行って休みを取る時の会話に使えます。「Hey Taro。All work and no play recently, shall we go out this weekend?」←これはお誘いのサインです!女性から言われたら行きましょう(‘◇’)ゞ

 

How was your weekend?(週末はどうだった?)
月曜の朝によく使う表現で、週末に何をしていたのかを聞く便利なおしゃべりフレーズ。

 

Anything new going on?(進歩はある?)
週末明けや休み明けによく使うおしゃべりスタートフレーズ。

 

Thank god it’s Friday.(TGIF、花金)
誰もが待ち望む金曜日の朝に使う機会の多いこのフレーズ。日本語で言う「花金」です。とはいえ、花金というワードを使う人は昭和生まれの人だけですね。花金に、ざぎんで、ちゃんねーと、しーすー。

 

The boss is in a bad mood.(上司の機嫌が良くない、上司の期限が悪い)
同僚に上司の機嫌が悪いので、避けるべきだというのを伝えるフレーズ。

 

You working the weekend?(週末は働いてる?週末空いている?)
相手の予定を知りたいときに使います。気になるあの子に使ってみましょう!

 

Wish I had his job!(彼の仕事ができたらなー)
他の人の仕事が自分のよりよく思えたら、このフレーズを使ってみましょう。「あの人の仕事簡単そうだよね。」という意味もありますし、プロサッカー選手のような誰もが憧れる仕事にも「おれもあの仕事したいな」という時にも使えます。

 

We’re not paid enough!(給料少なすぎ)
給料が低ければ、同僚と話す時に使えるのがこのフレーズ。

 

That’s one job I wouldn’t do!(絶対にやりたくない仕事)
頼まれても絶対にやりたくない仕事を指すのがこの言葉。

 

I don’t know how he got that job!(彼はいったいに何をしてるのかわからない。)
職場にはふんぞり返っているだけで何をしているか分からない人、そもそもどうやって仕事にありつけたのか分からない人っていますよね?そんな時に皮肉たっぷりに使ってみましょう。

 

Are you working hours in?(いつもより長く働いてない?)
誰かが普段より長く働いていたとして、なぜそんなに働いているのか聞くとしましょう。多分その人は、埋め合わせに長く働いているかもしれません。バイト先であればほしいものがあって、長時間働いている可能性もあります。そういう場面に出くわしたら、この質問を使ってみましょう。

 

Better keep the head down today.(大人しくしていたほうがいい。)
大人しくして問題を避けるべきだとアドバイスする時に便利なフレーズ。昨晩たくさん飲んだり、他の人に厳しくし過ぎて上司に見つかりそうだったりなど、このフレーズを使えるチャンスは結構あります。

 

I’m tired – I got no sleep last night.(寝不足でつかれた。)
寝不足で疲れている時に使います。

 

That’s a cushy number! (めっちゃ簡単!)
“cushy number”は英語でめっちゃ楽な仕事の意味。もし誰かが職場にいるだけで、何もしていないように見えたら、この表現を使ってその人の仕事がいかに楽かを言いましょう。

 

It’s so boring!(つまらない)
退屈だと思ったら使えるフレーズです。

 

会話終了時に使える短い英語フレーズ

going to leave

See you later!(またね、じゃーね)
またあとで会う人に使うフレーズです。

 

See you around!

上記と同様の意味です。

 

See you again(また会いましょう)

多分もう二度と会うことのない人につかいます。

 

See you later, alligator(またあとで)

see you laterより砕けた表現。

 

See you in a couple of minutes!(またあとで)
少しだけの間席を外す時、数分後にまた会う人に使うフレーズ。

 

I’d better be going.(行かなきゃ)
その場から去りたいときに使います。異性と話している時に頻繁に相手が使うようであれば、あなたに興味がないと思われます。。。。

 

OK, I’m sorry but I have to leave now!(あー、ごめん。そろそろ行かなきゃ)
相手がいかにも話を続けそう時に、自分はもう行かなきゃいけないことを表すフレーズ。上記と同じで異性と話している時に頻繁に相手が使うようであれば、あなたに興味がないと思われます。。。。

 

I really gotta go.(すぐに行かなくきゃいけない)
今すぐに行かなきゃいけない時に使うカジュアルなフレーズ。

 

Keep in touch!(つながっていよーぜ!また連絡するよ!)
メールや手紙でも使えるフレーズです。

 

It was nice seeing you, take care!(お会いできて良かったです。お体に気を付けて!)
別れの際、これからはしばらく会えないと分かっている時に使う言葉。

 

It’s been good talking to you!
上記と同じ意味です。

 

Hope to see you again!(どっかでまた会いましょう!)
お別れ時にいうフレーズ。またどっかで出会いたい人にも使えます。

 

Say hello to …(◯◯によろしくとお伝えください)
誰か他の人に宜しく伝えて欲しい時に使うフレーズです。Please say hello to your mum.

 

YouTubeで学ぶ短い英語フレーズ

 

最後は「英語→日本語」ではなく、「英語→英語」というように、英語を英語で学ぶクセをつけていきましょう!

 

50 COMMON ENGLISH PHRASES

 

 

50 COMMON ENGLISH PHRASES TO USE IN CONVERSATION

 

 

All Phrases You Need for Daily Conversations in English

 

まとめ:【短い英語フレーズ100選】日常生活で使えば英語力UP間違いなし

study English

 

さて今回は、短い英語フレーズを覚えてみたいな。ぶっちゃけ暗記できたら色々応用可能だし、効率のいい勉強法だと思う。日常生活で使えるフレーズがあったら教えてほしいな。実際に海外で生活したことがある人から聞きたい。という方へ解説してきました。

 

短い英語フレーズを覚えて英語力UPしたい方の、助けになれれば幸いです。

 

一回と言わずこのページをブックマークして繰り返し見てください。すると、いざというときにサラッと言えるようになります。

 

それでは英語の勉強頑張ってください!Do your best!!

 

おわり

beautiful girl
最新情報をチェックしよう!
>When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

日本だけにとどまらずに世界への一歩を応援できるサイトを目指しております。
このブログを読んでいただきそっと後押しできたら光栄です。

CTR IMG