英語の勉強を楽しんでくださいね(*´▽`*)

ニュージーランドではどんな服装をするのがいいの?

  • 2020年1月10日
  • 2020年5月15日
  • Item

 

ニュージーランド行きを考えているけど、どんな服を着ればいいの?ニュージーランド人はどんな服装を普段しているの?服はどこで買えばいいの?お店の名前は?ファッションブランドは?いくらくらい?服のサイズは大丈夫?一日の気温の変化は急激?ナイトライフのドレスコードに適した服はどこで購入すればいい?

 

今回はこういった方へ書いていきます。

 

ちなみにこの記事を書いている僕はニュージーランド歴8年ほどで、ニュージーランド人がしている服装や、ニュージーランド留学に欠かせない服を熟知しているので記事の信頼性は高いと思います。

 

1 ニュージーランドではどんな服装をするのがいいの?

 

 

結論から言うと「郷に入っては郷に従え」ということでニュージーランド人がしている服装を真似ればよし!

 

理由は日本人がもっているファッションセンスとニュージーランド人の感性が違うので、日本の奇抜なファッションスタイルをもって行くと現地では完全に浮いてしまうからです。

 

そもそもですがニュージーランド人は確かに男女ともに清潔感のある格好というのを心がけますが、日本人のようにファッション雑誌を食い入るように眺め、流行を意識した服装というのはしません。

 

それから今ではもちろんアマゾンで買い物はでき、服もオンラインで購入することはできますが、毎回するのは大変でしょうし、ニュージーランドにある程度の期間生活するのであれば、ニュージーランドの物を身につけたほうが帰国した際には、一種の思い出になると思います。

 

なので日本のスタイルをそのまま持ち込むのではなく、ニュージーランド人がしている服装を真似ればいいということです。

※普段からシンプルな格好をしている方はそのままでも平気です。

 

ニュージーランド人はどんな服装を普段しているの?

 

結論から言うと男性は「ラフ」、女性は「ボディーラインを強調した服装」をしています。

 

男性だと普段はジーンズにTシャツ、靴はスニーカーでキャップをかぶり、寒ければパーカーやジャケットを上から羽織ります。

 

女性の場合はレギング、スニーカー、カーディガンやパーカーを羽織り、体のサイズより少し小さめの服を着て、体のラインを強調します。

 

 

この写真はクイーンズタウンに研修旅行に行った写真ですが、こんな感じで日本人からすると「ちょっとダサくない?」というような服装を普段しています。

 

 

この男性の写真はネット上で見つけたものですが、最近ではニュージーランド人男性もぴちっとした体のラインをだす服装をする人も増えてきています。男性に関してはジムによく行き体を鍛えている方でないと厳しいですね。

 

 

この写真もネットで見つけたものですが、ニュージーランド人女性の典型的な服装といえるでしょう。

 

ですが写真からわかる通り大体15~30歳前後までの方の服装となり、年齢が重なるとジーンズや落ち着いた色のワンピースで上からカーディガンを羽織るといった感じになります。

 

女性の服装に関して付け加えると、別に体型に自信があってもなくても、小さめの服を着るということはあり、失礼ですが人によっては「ボンレスハム」のようになっている方もいます。

 

ニュージーランド留学中に服はどこで買えばいいの?お店の名前は?

 

ニュージーランドでは服を購入する場所はいくつかあるので順に見て行きましょう。ちなみにここで紹介するのはどれも安い服を取り扱っているのでニュージーランド留学中にはお金がない、という方のお財布にはとっても優しいです。

 

Hallenstein Brothers

 

Hallenstein Brothersはニュージーランド男性が最も好むファッションショップです。値段もお手頃で$5~$60ほどでオシャレな服も多く揃っています。

 

Cotton: ON

 

Cotton:ONは男女両方の服を取り扱っていて、服の種類や色も豊富でTシャツも値段は$5~$50程とリーズナブルで人気があります。

 

Jeanswest

 

Jeanswestはサーファー系の服がよくとり揃っていて、男女共に人気があり、夏にはもってこいのショップです。値段は少し高めで$20~$150ほどですかね。

 

Rebel Sport

 

Rebel Sportではスポーツ系の服が揃っていて人気のあるNIKE, Adidas, Puma, Under Armour, Asics, Canterburryなどの服が揃っています。

 

スポーツには欠かせないランニングシューズ、野球に使うグローブやバット、クリケット商品も多くあり、ニュージーランド最大のスポーツブランドショップです。

 

値段は$50~$300くらいまでと幅広いです。

 

H&M NZ

 

おなじみのH&M NZです。値段も服の種類も文句なしのショップです。

 

thewarehouse

 

洋服だけでなく何でもそろっているお店です。園芸用品から電子機器と幅広く服の値段も格安です。価格は$5~$40あれば選べます。

 

thewarehouse

 

K-Mart

 

warehouseに並んで格安で服が買える大型のショップです。warehouseよりも少し安いのが特徴で価格は$5~$25あれば選べます。

 

K-mart

 

Salvation Army

 

ここはセカンドハンドショップで、新品の物は一切取り扱っていません。ですが、その分値段も安く$1~から服が買えるので、学生でお金がない、余裕がない、という方にはおススメです。

 

Salvation army

 

Farmers

 

ここは格安ではないですが、キレイめなスーツやジャケットなどが手に入り、夜にナイトライフを楽しみたい方やバイト先でスラックスを履かなければいけない!という方にはうってつけのお店です。

 

服の値段は$80~$200くらいですね。

 

Farmers

 

Number One Shoes

 

靴やサンダルのとりそろえではこのお店にかなうお店はニュージーランドにはないです。値段もお手頃で$8~$89くらいです。

 

Number One Shoes

 

ちなみに僕自身はよくK-martで服の買い物をして、パーカー$20、tシャツ$5、アンダーウェア5個で$20、靴下5足で$10、そしてnumber one shoesで靴$50程の物を購入していました。

 

靴に関してはもっと安いものがありますが、少し高いものを購入しないとすぐにぼろくなり逆に高くつくので、rebel sportで$100ほどのナイキやアディダスを履く時も多々ありました。

 

洋服のサイズは日本人にあう?

 

結論から言うと「日本人にはデカめですが心配は無用」です。

 

服のサイズはS,M,Lとありますが、ニュージーランドのSは日本でいうM~Lくらいで、ワンサイズから2サイズ大きいものと想像したほうがいいです。

 

もちろん服のブランドによってはサイズが変わってくるのでいちがいには言えませんが、ざっくりと「表示されているサイズよりは大きい」と思っていたほうがいいです。

 

なので小柄なアジア人の方は子供服で商品を買ったりも人によってはしてます。

 

ですが、最近ではアジア系移民がニュージーランドでは増え、サイズも豊富になりSSやExtra Smallと表記された服も多くなっているので、特に心配する必要はないでしょう。

 

一日の気温の変化による服装

 

ニュージーランドに留学を検討されている方はお気づきかもしれませんが、ニュージーランドは[4 seasons in One day]ともいわれるほど一日の気温の変化が激しい国なので、服選びはむずかしいかもしれません。

 

朝方は5度をきるくらい寒くても昼になると20度を越えたりと、どんな服装をすればいいのかわからなくなります。

 

特に僕が留学先として選んだ南島のインバーカーギルといわれる地では「16 seasons in One day」と言われるほど、春夏秋冬が一日に襲ってくるので、すぐに服が脱げたり着れたりするパーカーやジャケットは重宝します。

 

それから夏は日本のように湿気の高い暑さではなく、東北地方のようなカラッとした湿度で過ごしやすく快適な夏が送れますが、いきなり氷が降ってきたりもします。

 

これらを踏まえて服選びは簡単ではないですが、羽織れるものは一枚常に持っておいたほうがよいでしょう。

 

 

  • 素材構成: ポリエステル
  • オシャレなダウンジャケットです。軽さと暖かさを重視した機能性アウターです。
  • シンプルながら、内側にもポケット1箇所あるなど使いやすく、細かいところまでこだわったデザインが人気の秘訣。中綿をしっかり詰め込んでいながらも、着膨れを抑えたスッキリとしたスマートなシルエットに仕上げています。
  • 前面の大きめボタンがバランス良く、かっこいい!落ち着いた大人のカジュアルスタイルにできます。

 

  • 素材構成: ナイロン100%
  • 表面は程度よい光沢感があり、撥水、透湿機能を備え、防風性にも優れています。軽量、ふわふわでソフトな質感、体を暖めて
  • 温かさと軽さを両立させるため、素材にこだわり抜いて超軽量を実現させました。糸の一本一本まで軽量化を追求し、ふんわりとした軽い着心地で快適な着心地です。

 

  • メイン素材:ポリエステル
  • L=日本XS、XL=日本S、2XL=日本M、3XL=日本L、4XL=日本XL  (サイズ提案:製品紹介のサイズ表のデータをご参考の上にサイズを選択してください。)
  • びっしりと中綿を詰め込んだことによって、極上の暖かさを生み出します。冬のコーデの主役になりうる一着です。

 

まとめ

 

 

さて今回は、ニュージーランド留学を考えているけど、ニュージーランド人はどんな服装を普段しているの?服はどこで買えばいいの?お店の名前は?いくらくらい?服のサイズは大丈夫?一日の気温の変化は急激?ナイトライフのドレスコードに適した服はどこで購入すればいい?という方へまとめました。

 

ニュージーランドへ留学する際の服選びとして目安にしてください。

 

【人気記事】

海外に行く時のおすすめのクレジットカード【留学,ワーホリ,バックパッカー旅行】全部に必要

ニュージーランドに行く時に必要な持ち物【ワーホリ&留学】これだけは持って行こう!

留学&ワーホリは不安がいっぱい?出発前に英語が話せない?【心配なしです】

最新情報をチェックしよう!
>When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

日本だけにとどまらずに世界への一歩を応援できるサイトを目指しております。
このブログを読んでいただきそっと後押しできたら光栄です。

CTR IMG