英語の勉強を楽しんでくださいね(*´▽`*)
friends

ニュージーランドとオーストラリアの仲【プロからの見解】

  • 2019年8月14日
  • 2020年9月24日
  • Column

friends

ニュージーランドとオーストラリアって国が近いけど仲いいのかな?オーストラリアの方がデカくてニュージーランドは小さいけど、なんか衝突とかないのかな?

と、考えていませんか?

この記事を読むと:

・オーストラリアとニュージーランドの仲

・オーストラリアとニュージーランドの揉め事

・オーストラリアとニュージーランドが譲れないもの

が、わかります。

ちなみにこの記事を書いている僕は、13歳の時にオーストラリアへ生まれて初めて海外を経験し、その後ワーキングホリデーを1年経験しました。ニュージーランドにはワーキングホリデーで1年とその後留学、就職を経験し、海外歴10年程ですので、信頼性は高いと思います。

1 ニュージーランドとオーストラリアの仲【プロからの見解】

animation character

結論から言うと滅茶苦茶仲良しです。

理由は国が近い、先祖がイギリス人と一緒、ニュージーランドとオーストラリアは兄弟のようなものという認識、親せきや家族のメンバーがお互いの国に在住している、など共通点が多いことからですね。

彼らはお互いに仲間意識が強く、敬愛しあっています。それは国民同士に限らず国同士でも同様なことが言えます。

例えばニュージーランドのパスポート保持者はオーストラリアへビザなしで行き、仕事をしたり学校に行くことが無期限にできます。

反対にオーストラリアのパスポート保持者にも同様のことが言えるので、双方の国での行き来がものすごく多いです。

ちなみにニュージーランドへの到着数はオーストラリアがぶっちぎり毎年ナンバーワンです。

>>Statistics New Zealand

反対にオーストラリアへの到着数はニュージーランドが2018年までの18年間は1位です。ちなみに1998年1999年はなんと日本です。

>>Statistics Australia

2 ニュージーランドとオーストラリアがお互い絶対譲れないこと

backpacker

結論のナンバーワンはやはりラグビーです。

2019年には日本でもラグビーワールドカップが開催されますが、この両国の闘争心は半端なく強く脅威的です。

ちなみにオーストラリアは過去2回のワールドカップ優勝で1991年と1999年になり、Wallabies(ワラビーズ)の名を持ち、世界ランク6位です。(2019年8月現在)

そしてニュージーランドはALL BLACKSの名前でも親しまれ、試合前に原住民マオリの「HAKA(ハカ)」を披露し、過去3回、1987年、2011年、2015年のワールドカップで優勝し今のところ世界ランク第1位です。(2019年8月現在)

どちらが強い?と話になると終わりが見えないですが、どちらも強いです。

この両チームはよくオーストラリアとニュージーランドで国際試合をしますが、この時の盛り上がり、ホテルの爆発的な値段の上がり方、スタジアムから 聞こえてくるけたたましい絶叫、雄たけびは群を抜きます。

>>オーストラリアで大麻は一応非合法【マリファナ合法化している地域もアリ】

食べ物

国が近いと食べものも似ています。

その食べ物はどこから来たのか?つまりどこの国からの?というものでオーストラリアか?もしくはニュージーランド?というのにも論争を巻き起こしています。

食事名は以下です。

  • Lamingtons(ラミントン)(スイーツ)
  • Pavlova(パブロバ) (スイーツ)
  • Anzac Biscuits(アンザックビスケッツ)
  • Vegemite vs Marmite(オーストラリア産のベジマイトとニュージーランド産のマーマイト)(ペースト状のジャム?)
  • Meat pie(ミートパイ)

これらの食事はどちらの国のもの?とオーストラリア人に聞くと。

全部オーストラリアから生まれたものだよ。ニュージーランド?あんな小さな国からこんなにうまいものが生まれてくるわけないだろう!

と言います。反対にニュージーランド人に聞くと

ニュージーランドに決まっているでしょ?オーストラリアはいつもニュージーランドから奪っていくのよ。仕事、人材、そして食べ物も!

と言っています。どちらが本当でしょうか?海外に滞在中たまにこの質問をされます。どっちのも?どう思う?と。

海外滞在が長い僕の目から見た判断をしてみたいと思います。

僕の意見としては「おいしいからどっちでもいい」です。それはなぜか?どちらのものになったとしても、僕にはあまりというか、関係がないです。

少しこの日本でも似たようなことがあります。

日本もいろいろな国同士とのもめ事が絶えません。

韓国、中国ともめているものは、歴史的な観点の違い、領土問題、などですね。

海外にアピールして、アメリカに間に入ってもらったり、海外の人にインタビューを求めていたりするテレビも時々やっているようですが、正直な海外な反応はほぼほぼ 「どっちでもいい」 思っています。

なぜか?関係ないからですね。

僕は留学する前には、日本のことにしか関心がなかったのですが、海外に行き現地の人と話すようになり、自分の視野の狭さを知った気がしました。

話がそれたので、まとめます。

まとめ:ニュージーランドとオーストラリアは仲良しこよし(^^♪

bag

さて今回は、 ニュージーランドとオーストラリアって国が近いけど仲いいのかな?オーストラリアの方がデカくてニュージーランドは小さいけど、なんか衝突とかないのかな? というかたへ書いてきました。

結論はニュージーランドとオーストラリアはとても仲がよいです。

ちなみに記事を書く前に悩んだのですが、「ニュージーランドとオーストラリア」か「オーストラリアとニュージーランド」どちらが先がいいのか??

結論は一応混ぜて書きました。。。

この記事が参考になれば幸いです。

【人気記事】

海外に行く時のおすすめのクレジットカード【留学,ワーホリ,バックパッカー旅行】全部に必要

ニュージーランドに行く時に必要な持ち物【ワーホリ&留学】これだけは持って行こう!

留学&ワーホリは不安がいっぱい?出発前に英語が話せない?【心配なしです】

friends
最新情報をチェックしよう!
>When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

日本だけにとどまらずに世界への一歩を応援できるサイトを目指しております。
このブログを読んでいただきそっと後押しできたら光栄です。

CTR IMG