英語の勉強を楽しんでくださいね(*´▽`*)

ニュージーランドで大麻/マリファナは合法?【薬物事情&解禁を知っておこう!】

あれっ?ニュージーランドって大麻/マリファナOK??最近ニュースでニュージーランドは大麻/マリファナに関して色々とあるみたいだけど本当のところどうなの?合法?非合法?
と、考えていませんか?

この記事を読むと:

・ニュージーランド人は大麻/マリファナに対してどう思うのか

・ニュージーランドで大麻/マリファナは合法なのか

・ニュージーランドでの大麻/マリファナ所持で捕まる?

が、わかります。

ちなみにこの記事を書いている僕は、ニュージーランド生活歴8年程で海外にはトータルで10年くらいなので、記事の信頼性は高いと思います。

1 ニュージーランドで大麻/マリファナは合法?【薬物事情&解禁を知っておこう!】

結論から言うとニュージーランドでの大麻【マリファナ】は非合法です。(2020年5月現在)

理由は法律でそうなっているからとしか言えませんが、そこまでは厳しくないです。(主観的な判断です。)

しかしながら、今現在ニュージーランドでアツいのは2020年の大麻/マリファナ投票です。

この投票によりニュージーランドで大麻/マリファナが医療や研究以外の目的、つまり娯楽用に吸ってもいいですよ、となるかです。

今はまだ話し合いをしているので、YesかNoは出ていませんが、ニュースではいい点悪い点を取り上げています。それから最近のものではたくさんの人が合法化には良い印象は持っていないようです。>>詳しくはこちらから

合法化されたら?

ちなみに合法化されたとしてもオランダのようにカフェで吸っていいよ、とはなりません。

合法になっても、今のところは家で吸ってもいいけど、学校の外やその辺ではダメだよということになる方向性です。

それと20歳以上の年齢制限、ライセンスを持っている人だけの取り扱い、オンラインでの売買は禁止、広告を出してはダメなどなどです。

と、表向きでは言いつつもニュージーランド人の性格上多分その辺で吸う人は増えると思います。

投票後

仮に投票で決まってもすぐに法律が改正されるかは不明です。「2020年に投票、2021年通り越して2022年から」となるかもですので、いつから大麻/マリファナは娯楽用になるかはわかりません。

現在ニュージーランドでは建設業で働いている人が少なくとても深刻な問題なのですが、大麻/マリファナを合法にしてしまうと働いてくれる人が減るのではないかと懸念しています。

ちなみに建設業で働く人はドラッグテストを受けるのですが、テストを受け検査にひっかかかった人の7割は大麻/マリファナが原因です。>>詳しくはこちらへ

2 ニュージーランド人の大麻/マリファナ【薬物】に対しての意識

結論から言うと「いいんじゃない?」ということです。

特に若い人たちの間の意見からすると、もうすでに大麻/マリファナを吸っている人は周りにたくさんいるのであまり意識してなさそうに見えます。

前の記事で少し書いたのですが、ニュージーランドでも警察に大麻/マリファナ所持で見つかったとしても、逮捕されるかは警察次第です。

僕の学生時代にも周りに吸ってる人はたくさんいましたし、吸いたい人は吸う、吸いたくなければ吸わないといった感じです。>>オーストラリアで大麻は合法?合法化している地域も?

吸ってもOK?

結論から言うと辞めといたほうがいいです。

なぜかというと、相手から信頼されなくなります。ニュージーランド人は基本的にはおおらかで、フレンドリーで、ウェルカムな性格の持ち主ですが、もちろんそうでもない人もいます。

例えば仕事場のマネージャーやオーナーなどは真面目な方が多く、大麻を吸っているとなるともちろんですがいい印象は与えません。

大麻を吸うと「頭がぼっーとする」、「フワフワした気分になる」、「怠ける」など、体や気持ちをリラックスさせます。

医療の現場では神経痛を和らげる、筋肉の痙攣を抑える、食欲旺盛の効果などが認められ使用されていますが、一般の方が使ってもそこまでのものは得られません。>>Ministry of Health

特別な理由がない限りは勧めません。

体験談

大麻所持で警察に見つかったケース学生時代に友達の家で飲んでいた時の体験談を話します。

けっこうでかい集まりで大体50人くらいでパーティーをしていました。僕は家の中で飲んでいて警察のサイレンが聞こえたので外を見ると何人かのニュージーランド人が捕まっていました。

あるニュージーランド人が大麻を吸っていてたまたま通りかかった警察に見つかったそうです。逃げようとしたところを取り押さえられました。持ち物検査をその場で行い、その場にいたニュージーランド人は全ての大麻/マリファナを警察に取り上げられました。

そして警察は去っていきました。。。。その後はそのニュージーランド人同士が取り上げられた大麻/マリファナのことで喧嘩していました。

大麻も安くはないので貧乏な学生がもめていました。全くオチがないのですが、ニュージーランドの警察もあまり気にせず取り上げておしまいということは、珍しくないそうです。

マリファナを扱った映画

 

ちょっと話が変わりますが、マリファナを扱った面白い映画は「Smoking High」です。

アメリカンコメディーで2008年に公開され大人気になりました。

 

マリファナ中毒の2人デールとソールはある日「パイナップルエクスプレス」という極上のマリファナを入手します。

ある日車の中で大麻を吸っていると、殺人事件を目撃!とっさの出来事に焦り、ブツを現場に投げ捨て逃走しました。

それから身元がわられ犯人がてらに命を狙われるはめになってしまった2人。逃走を試みますが。。。

 

笑いありの映画でオススメです。Smoking High

まとめ:ニュージーランドで大麻/マリファナは合法?【薬物事情&解禁を知っておこう!】

さて今回は、あれっ?ニュージーランドって大麻/マリファナOK??最近ニュースでニュージーランドは大麻/マリファナに関して色々とあるみたいだけど本当のところどうなの?合法?非合法? という方へ回答してきました。ニュージーランドでは大麻/マリファナは非合法ですが、将来的には娯楽用として認められるかもしれません。

【人気記事】

海外に行く時のおすすめのクレジットカード【留学,ワーホリ,バックパッカー旅行】全部に必要

ニュージーランドに行く時に必要な持ち物【ワーホリ&留学】これだけは持って行こう!

留学&ワーホリは不安がいっぱい?出発前に英語が話せない?【心配なしです】

最新情報をチェックしよう!
>When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

日本だけにとどまらずに世界への一歩を応援できるサイトを目指しております。
このブログを読んでいただきそっと後押しできたら光栄です。

CTR IMG