英語の勉強を楽しんでくださいね(*´▽`*)

インバーカーギルでの留学生活はどんな感じなの?【ニュージーランド】

 

ニュージーランドのインバーカーギルでの留学生活はどういったもの?どんな人が住んでいて治安はいいの?安全は平気?物価は?海外留学先としてはおすすめできるの?ネット上にも情報量が少なすぎて全くイメージが湧かない!誰か教えてくれ!!

 

今回はこういった方へ書いていきます。

 

ちなみにこの記事を書いている僕のニュージーランド歴は合計8年、そしてインバーカーギルでは3年程留学生活を送っていたので記事の信頼性は高いです。

 

インバーカーギルの情報

 

話す前にまずはサクッとインバーカーギルの情報を書きます。

 

ニュージーランド南島の最南端に位置するサウスアイランドの中にある街です。

 

インバーカーギルは1850年代にスコットランド人が牧羊のための土地を買い求めて南下して来たのが始まりとされる街で、クライストチャーチ、ダニーデンに続く、南島で3番目に大きな街です。(といっても人口は5万人ほど)。

 

世界最南端として知られる街でもあり、街中にはスコットランド風の建物が多く残っていて、街の名前もスコットランド訛りで「インバカーゴ」とよばれています。「インバーカーギル」というと全く通じないので発音には注意が必要です。

 

1 インバーカーギルでの留学生活はどんな感じなの?【ニュージーランド】

 

 

結論から言うと「ニュージーランドらしいニュージーランド留学生活」が送れます。

 

海外留学というと一般の人がイメージするのが「現地の友達ができるか心配」「目まぐるしい留学生活」「人種差別を受けないか心配」となっていて、一歩を踏み出すのに躊躇してしまいがちですが、インバーカーギルでの留学生活はそんなことはないです。

 

車で5分ほど走れば羊がたくさんいて、ニュージーランド人がとても多くものすごくフレンドリー、人種差別は特になくみんなウェルカム、勉強もするけど楽しみながら、といった感じで皆さんがニュージーランドをイメージすると思い浮かぶことが「そのまんま」といった感じです

 

ニュージーランドの中でも移民が多く、大きな都市と言われるオークランド、ハミルトン、ウェリントン、クライストチャーチ、それから観光客が多いクイーンズタウンではニュージーランドを100%感じるのが難しいと感じる人も多く多忙な方も多いですが、インバーカーギルではそんな心配は無用です。

 

インバーカーギル留学では、ニュージーランド人ならではの陽気な性格とフレンドリーさが前面に出ていて、ニュージーランドらしいニュージーランドを感じることができます。

 

インバーカーギルは白人が多い街

 

ニュージーランド人というと白人を思い浮かべる方が多いと思いますが、多くの都市ではマオリという先住民族、アジア系やラテン系移民などたくさんミックスされていてニュージーランド人以外の方を見かける機会がとても多いです。

 

そしてそれは大きな都市や観光都市では観光客やワーホリで留学している学生も多くいるので、お店や学校、などでも多種多様な人種が見つかります。特に飲食店やホテルなどのサービス業となるとニュージーランド人が働いているのはとても珍しいことです。

 

ですがインバーカーギルでは飲食店でもニュージーランド人が働いて、ホテルではニュージーランド人がサービス業に励んでいたりと、今のニュージーランドではちょっと珍しい光景が見られます。

 

もちろん大体の職場にニュージーランド人は確かにいますが、彼らはよりホワイトカラーの仕事を好む傾向があり、ブルーカラーのような体を主に使ったり、清掃のようなやりたい方が少ない仕事というのは基本的にはどこも移民がやっているとことが多いです。

 

具体的な数字でいうとインバーカーギルの白人率は90%前後となっていて、ニュージーランド全体で白人の比率は70%ほどとなっているので、インバーカーギルには白人が他の都市に比べ多いということがわかります。

 

インバーカーギルに日本人はいない?

 

結論から言うとインバーカーギルに日本人はいるの?【ニュージーランド留学】でも言っていますが、ほぼいません。

 

僕のように留学生として勉強されている学生もいますが、僕のように2~3年したらいなくなってしまいますし、アジア系でいうと中国人とインド人ばかりですね。

 

ちなみに僕がインバーカーギルにいたころは僕を含め5人ほどでした。(実はもっといるかもですが、全く会いません)

 

それとあまり知られていないですが、インバーカーギルは埼玉県熊谷市と姉妹都市で毎年修学旅行生ら?が日本から訪れ、反対にインバーカーギルの学生は修学旅行で日本を訪れます。

 

なのでちょっとした日本語であれば現地の人々にも通じ、スーパーにいると日本語で話しかけられたり、日本語の勉強も高校でやったりと、日本との関係性は深く、日本に興味がある方も多いので留学先としていいですね。

 

せっかく海外に留学するのだから日本人が少ないとこところがいい!という方にはおススメです。

 

インバーカーギル留学での人種差別

 

結論から言うと「ほぼない」です。

 

確かに白人が多い=人種差別が多いのでは?と考える方が多いとは思いますが、冒頭に述べた通り基本的にはフレンドリーでみんなウェルカム!といった感じで心配無用です。

 

ですがもちろん「100%ない!」とは言い切れず、世界どこに行っても「人種差別する人」、もしくは「人種差別してないけど、人種差別されていると感じる人」というのはいて、考え方は人それぞれです。

 

これは別記事でもじっくり解説しています。

 

>>【体験談】えっ?ニュージーランドって日本人差別する国なの?

>>ニュージーランド留学で知った人種差別をする国の理由

 

ポリテクニックでの授業

 

インバーカーギルで学士号を取得できる機関は一つしかなくSIT(Southern Institute of Technology)と言います。

 

これは大学ではなくポリテク(ポリテクニック)と言われ、卒業すると大学卒業と同じ資格がもらえ、授業料も大学に比べ格段に安くなるのでとても人気があります。

 

僕もここに通っていたのでザックリと説明しますが、学校は月曜から金曜の週5日、朝9時から授業が始まり、12時に1時間のランチタイム、1時から3時までまた授業を受けます。一日5時間の授業です。

 

時間割は勉強する専門によって変わりクラスが朝8時から始まったり、授業が終わるのが4時までだったりと様々で、金曜日の午後は早めに切り上げたり、授業自体が午前中だけで終わったりと、まったりです。

 

授業は基本的に100%出席しなければなりません(留学生ならビザの関係もあるので、なおさら)。それから週に一つから二つの課題、例えば、論文、ポートフォリオ作成、プレゼンテーション、小テストなどがあります。

 

僕は日本で大学は出ていないので比べることはできませんが経験上、タイムマネージメントができ、情報の取捨選択ができ、集中力をもってやればだれでもできると思います。

 

ちなみにこの記事を書いている僕は、頭が決していいほうではないですが、スムーズに卒業できたのでこの記事を読まれいている皆さんであれば余裕でしょう。オススメです!

 

インバーカーギルの治安と安全

 

結論から言うと「ラブアンドピース」です。

 

「海外留学って危ないんでしょ?」「ニュージーランド人って銃を持っているんでしょ?」という方もいますが、基本的にインバーカーギルは平和で特に何も起こりません。

 

確かに銃を保持してる方もいますし、僕がしたホームステイ先でもホストファザーが所持していましたが、ライセンスを持っていて、動物ハンティングに使うものなので、決して人を撃つためにあるわけではないです。

 

アメリカに行くと銃を持っている方の多くは「護身用」と言っていますが、ニュージーランド人はそのような理由で銃は持ちません。

 

 

こんなことを言うと「クライストチャーチでも事件があったじゃん」「ライセンスの意味ないじゃん」「テロは怖い」という方もいると思いますが、あれは例外です。

 

事実世界どこに行っても100%安全な場所というのはありませんし、この日本でも「地下鉄サリン事件」「全日空61便ハイジャック事件」というテロはありました。それから地震や津波によって亡くなられる方というのはいます。

 

なのでインバーカーギルは安全で治安もいいです。

 

インバーカーギルの物価

 

インバーカーギルの物価は他のニュージーランドの市や町に比べ安いです。

 

とは言ってもスーパーで買うようなものはどこに行ってもだいたい一緒ですが、安いのは例えばガソリン、フラットの家賃、です。

 

ガソリンに関しては1リッター約$2(150円くらい)です。ですがガソリンの値段に関しては車を持たなければ留学生には関係ないですし、ニュージーランドでは値上がりと値下がりの幅が大きく($1.60~$2.40)(120円から180円)くらいの幅にはなるので、あまりあてにはしないほうがいいかも知れません。

 

家賃に関しては一週間で$130(9500円ほど)もあればいろいろと選べます。サイトではTade me というのがあり有名ですが、学校に行くと掲示板があるのでそこで探すともっと安いのが見つかります。

 

僕はちなみに一週間$90(6500円)でだったので、だいぶ節約できました。(部屋をシェアするともっと安くなります)

 

これがオークランドやウェリントンになると一週間$220~$450(16000円~32000円)くらいまでと跳ね上がり、今現在ニュージーランドの家賃は日本よりも高いと言ってもいいので、留学先はその土地の家賃も調べておかないと、生活費だけで苦しくなります

 

まとめ

 

さて今回は、ニュージーランドのインバーカーギルでの留学生活はどういったもの?どんな人が住んでいて治安はいいの?安全は平気?物価は?海外留学先としてはおすすめできるの?ネット上にも情報量が少なすぎて全くイメージが湧かない!誰か教えてくれ!!という方へ書いてきました。

 

これからニュージーランドへ留学先を考えられている方はぜひ検討してみてください。

 

【人気記事】

海外に行く時のおすすめのクレジットカード【留学,ワーホリ,バックパッカー旅行】全部に必要

ニュージーランドに行く時に必要な持ち物【ワーホリ&留学】これだけは持って行こう!

留学&ワーホリは不安がいっぱい?出発前に英語が話せない?【心配なしです】←おすすめのニュージーランド留学エージェントも紹介

最新情報をチェックしよう!
>When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

日本だけにとどまらずに世界への一歩を応援できるサイトを目指しております。
このブログを読んでいただきそっと後押しできたら光栄です。

CTR IMG