英語の勉強を楽しんでくださいね(*´▽`*)
love

ワーホリ中の出会いと恋愛と結末【海外に行く前に知っておこう!】

  • 2019年7月20日
  • 2020年9月11日
  • Love

love

ワーホリ中には出会いが多いと聞いたことがるけどもどんなシチュエーションで出会うのだろう?どういった恋愛ができるのだろうか?それでその後どうなるのだろうか?

と気になっていませんか?

この記事を読むと:

ワーホリの出会い方
ワーホリ中の恋愛方法のパターン
ワーホリ後の恋愛結末

がわかります

 

ちなみにこの記事を書いている僕は、ワーホリ歴2年(オーストラリアとニュージーランド)と留学歴4年と仕事もしていたのでトータル10年くらい海外で過ごしてきました。 ワーキングホリデー中にエンジョイした友達もいるので信用度は高いと思います

1 ワーホリ中の出会いと恋愛と結末

couple

出会い方は人それぞれで数が多すぎるのでいくつかに絞ります。

 

語学学校

 

語学学校での出会いはとても新鮮なものになります。

 

というのも大抵の人というのは留学した際にまず語学学校に行くからです。一年くらいワーホリで行く人も、最初から働いて最後の三か月でテストを受けるために学校に行く人はいますが、さすがに最後の三か月で語学学校に行く人は基本的にはいません。

 

最初はやはり不安ですし、最低限のコミュニケーションスキルは身につけておきたいというのはだれしもあるからです。という理由で、語学学校にいる人たちはみなつい最近入国した人達とみて問題ないと思います。

 

とにかく入国したばかりで、知り合いもおらずにいるのでお互いにどこから来たとか、母国では何をしていたのかとか、話のネタになるようなものはたくさんあり、徐々に距離が縮まる感じです。

ニュージーランドのワーホリに行く方は知っておきたい恋愛方法と結婚観

職場

 

日本でもありますが、この出会い方は少し日本とは違う感じです。

 

年齢にもよりますが、基本的に感覚はあくまでアルバイトですので日本でいったん正社員として働いたことのある方は非日常的な感覚があり新しさというものがあります。

 

ほとんどの方は、ジャパレス(日本食レストランの略)、シーソナルワーク(農作業)、ローカルの飲食店などのそこまで語学力を必要とされない職種につくと思いますが、学生時代のように懐かしかったり、日本とは違うシステムで働けるのは、真新しさがあります。

なぜオーストラリアのワーホリ恋愛はうまくいくのか?

ユースホステル(バックパッカーホステル)バッパー(宿泊所)

 

宿泊所での出会いは多分一番多いのではないのかな?と個人的に思います。

 

理由はあちらではドミトリーといって、一つの部屋に二段ベッドがいくつか置かれた部屋をシェアして男女兼用であることが多いからです。

 

見知らぬ旅人と部屋をシェアするというのはセキュリティの面で不安な方は、女性専用や男性専用の部屋もありますし、ロッカーなどもついたりしてる部屋のタイプもあります。

 

全て共同ですので、キッチンで何か作っていると「何を作っているの?」と声をかけられたり、ベランダでお酒を一緒に楽しんだりして、むしろ一人になる時間というのが少なくいつも誰かと一緒だったりします。

ワーホリ中の出会いと恋愛と結末

クラブ、パブ、バー

 

これは日本も同様ですね。

 

違いは人種、国籍、言語などで女性は目障りになるくらい声をかけられ、男性からアプローチされると思います。

 

旅行会社(エージェント)

 

同じ旅行会社をとおしてワーホリでたまたま同じ時期に行った人たちがいると、エージェントで行われるオリエンテーションや説明会に参加したりします。

 

エージェントもわざわざ一人一人に対して説明するのは面倒なので、日程を決めて、ワーホリ中の基本的なこと、例えば、SIMカードの購入、銀行口座の開設、ホームステイ先で気を付けなければならないことなどを説明します。

 

こんな時に同じ日にちだったりすると日本人同士になりますが、そんな出会いもあります。

2 ワーホリ中の恋愛パターン

rose

とっかえひっかえ

 

きこえはあまりよくありませんが、このパターンが一番多いと思います。ワーホリ中によく出会うのは母国にパートナーがいるけど海外にいるからいいよね?とハメを外す人達です。

 

海外にいると寂しいというのもありますし、浮気するなら今のうち!という感じで思いっきり楽しんでいます。

 

これを聞くと男性が圧倒的に多い感じがしますが、実は女性の方が多いと僕は経験上思います。

 

普段彼氏の前ではいい子ぶってばかりなので、演技は疲れるという愚痴を聞いたことがあるので、たまには息抜きしたいそうです。

 

しかし、出会いの方法や会う人数もものすごく多いので、目移りしてしまうという言い訳は何となくわかります。しかも相手が外国人だったりすると、拒否できないという方もいらっしゃるようです。

 

タイプではない人と恋愛

 

漫画のようなシチュエーションで出会いそのまま恋に落ちる人はまれだと思いますが、現にワーホリ中に付き合い始めて、一緒に旅行を楽しんだりしてる人もいます。

 

普段とは違う雰囲気、国、言語のようなものが重なり会うと、通常ならなんとも思わない人でも、なんだか好きな感情が生まれたりして一緒に楽しんでしまうそうです。

 

何回か僕が見たのは美女とは到底釣り合わないような男性がカップルで、話を聞いてみたら、女性は男性の頼りがいがあるところが好きになってしまったと言っていました。

 

母国では決して遭遇しないようなことでも、ワーホリ中海外にいると普段はなんとも思わないようなことでも恋愛のスイッチが入るそうです。

ワーホリ中に日本人同士での恋愛はアリ?ナシ?

3 ワーホリ後の恋愛結末

love

ビザの切れ目が縁の切れ目

 

その名の通り、それっきりという結末です

 

ワーホリ中うまく恋愛ができてもどちらかが母国に帰国する場合、パートナーがパートナーをその国においていくことになり、距離とともに気持ちも離れていくパターンです。

 

最初は連絡をこまめに取り合っていても、仕事や友達との時間の方が貴重になり、優先順位が変化してパートナーのことは後になりがちになってしまいます。

 

もしくはそれをいいことにどちらかが、違った異性を見つけてしまい消滅するという感じです。

ニュージーランド人女性の性格と付き合う方法【ワーホリに行く方必見】

何だか思ってたのと違う

 

何だかワーホリ中とはなんか違うという感じです。

 

ワーホリ中あれだけ好きで付き合っていたのに、帰国してみたらそうでもないし、思っていたのは違ったというエンドです。

 

ワーホリ中にお互いに重視するのは、一緒にいて楽しいとか、趣味が一緒など、プライベートな分野で意気投合することが多いですが、現実それらが同じでも社会で生きていくとなると、あまり関係なかったりしますからね。

 

それよりもどんな仕事をしているとか、収入はどれくらいとか、子供が欲しいほしくない、など経済面や育児の分野での価値観であったりするほうが重要ですね。

国際結婚

 

一番レアなケースですがワーホリ後でも気持ちが離れずそのまま国際結婚もしくは日本人同士の結婚となる場合です。

 

僕の知る限りで日本女性との国際結婚が一番多い気がします。国際結婚となると相手の国の結婚に関しての意識というのも考慮しないといけませんがニュージーランド人のことでしたらこちらからどうぞ。

 

いいなと思うかもですが、結婚後はワーホリ中に行っていた国とは違い、日本もしくは旦那や奥さんになる人の国に行かなければならないので、その国にもし行ったことがなければなじめるかどうかも心配ですね。文化の違いを理解したい方は

 

とは言っても一番のハッピーエンディングです。

ニュージーランド人男性の性格と付き合う方法【ワーホリに行く方必見】

まとめ:ワーホリでの出会いと恋愛

couple

 

さて今回は、 ワーホリ中には出会いが多いと聞いたことがるけどもどんなシチュエーションで出会うのだろう?どういった恋愛ができるのだろうか?それでその後どうなるのだろうかということに関して書いてきました。

 

出会いの方法はたくさんあり、会う人の数、シチュエーション、などがワーホリ中は盛りだくさんですので、自分自身のパートナーがいる方にはしっかりと意識してほしいですね。

 

ワーホリ後に現実にぶち当たり、なんか違うという方ももちろんいますが、ぜひワーホリ中にはいい恋愛ができるといいですね。

 

安全第一(>_<)

Sagamiオリジナル

 

【人気記事】

海外に行く時のおすすめのクレジットカード【留学,ワーホリ,バックパッカー旅行】全部に必要

ニュージーランドに行く時に必要な持ち物【ワーホリ&留学】これだけは持って行こう!

留学&ワーホリは不安がいっぱい?出発前に英語が話せない?【心配なしです】

love
最新情報をチェックしよう!
>When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

When we're young, everything is possible; when we're old, possibilities are everything.

日本だけにとどまらずに世界への一歩を応援できるサイトを目指しております。
このブログを読んでいただきそっと後押しできたら光栄です。

CTR IMG